キモノプロジェクト

福岡県久留米市にある呉服屋さんが発起人となって、三年前からはじまった「キモノプロジェクト」がクラウンドファンディングで協力を求めておられます。東京五輪にむけて世界各国をイメージした着物を制作するというものです。社長さんは男性で、福岡のテレビで何度か拝見したことがあるのですが、着物に対する情熱を大変にお持ちの方でした(東京に行くのにも和服で飛行機に乗っていた・笑)。京都ではなく久留米の方が、そして久留米なのに絣ではなく絹物の御振袖というのが個人的に好きです。

クレジットカードで簡単に寄付ができますので、よろしければみなさん協力してさしあげてください。
私も些少ですが、先ほど参加させていただきました。

リンクはここから。

寄付のお願いのところから、進めます。
スポンサーサイト

新刊が出ます

今回から公式発表が早くなったそうです。
とはいえ通販サイトや個人サイトではまだ扱っていないのでお気づきになっていない方も多いと思いますが、6月15日より、公式サイトでは発表になっています。先月まで「来月の予定」だった箇所が、今月から「今後の予定」になって2か月先の予定まで公表されております。

そのようなわけで8月12日に「恋衣花草紙~白蓮の姫の物語」が出ます。
前回とはちがったカップルです。
今回は私が特に好きなタイプのヒロインで、
理屈っぽくて融通が利かなくて気が強いお嬢さんです。
ヒーローのほうは、周りコメントでは「守ってあげたくなるタイプ」だそうです(笑)。
生真面目過ぎて、自分を追い詰めるタイプ。
あれ、私が一番萌えるカップル???

詳しいことが決まったら、またお知らせに来ます。

戯言

本日の「やすらぎの郷」が大変に衝撃的展開だったのですが、そこにきて出演女優の野際陽子さんの逝去。素敵な役者さんだったのに、ご冥福をお祈りいたします。



以下ドラマを観ていない方&中島みゆきさんのファンでない方には分からない話。


昨日の放送が、富士真奈美さん演じる嫌われ者の女優さんが、ちょっと辛い形で泣き崩れて立ち去るシーンだったのですね。そして今日の放送の衝撃の結末だったわけですが、ぼんやりと記憶にある同じ倉本先生脚本の「北の国から」の一場面を思い出しました。
ひどいことをして(たぶん借金の連帯保証かなにかだったような)故郷を逃げるように立ち去る女性のBGMに中島みゆきさんの「異国」が流れていたのですね。
昨日はまだ辛いけどまだ救いのある展開だったのであまり気にせずに観ていたのですが(それでも十分胸につまされたけど)、今日の展開でもろに「異国」だよなと思ったわけです。




キャラクターを作る。

少しご無沙汰しておりました。
隙を見て色々なところに行ったのですが、そのおかげでちょっと忙しくなっておりました。自分で自分の首を絞めるというか…。
そんな私がほぼかかさず観ていたのが、昼ドラの「やすらぎの郷」でございます。役者さん達の確かな演技はもちろんですが、倉本さんの含蓄のある脚本&確かなキャラ作りが素晴らしい。

倉本先生はキャラクターがいつ初体験をしたか等も含め、きっちりその人物の設定を作られるそうです。キャラに魅力があるとか、キャラが濃いというと軽い印象を受けるかもしれませんが、ようは人間をしっかり書けるということなんだよね。爪の垢でも煎じて飲ませていただきたいです(汗)。

ちなみに主題歌の「慕情」がいよいよ8月に発売されます。
ウン十年来のみゆきさんファンだった私ですが、近頃はこちらの感性が固くなったのか以前ほど彼女の曲が響いてこなかったのですが、この慕情を聞いたときは「くそ~~、みゆきさんはやっぱり私の心をつかんでくる」と白旗を上げてしまいました。

奈良に行ってきました6

近頃昼ドラの「やすらぎの郷」に嵌まっています。
このドラマでの教訓は、人間は少し(?)どうしようもないぐらいが味がある。ゲスい老人達が愛しくてたまりません。


それはともかく、奈良旅行三日目。
二日目から怪しかった雨についに見舞われました。
本日のメインは平城京跡。いわゆる大内裏なわけです。官公庁です。平安京とは広さは多少ちがうのでしょうが、自分で歩いてみてなんとなく広さの感覚がつかめました。東京駅とか京都駅の構内を歩いている感じですかね、距離的には。博多駅はもう少し狭いかな(こっちが土地勘があるので短く感じるだけかもしれませんが)。

復元した朱雀門
078.jpg

高御座
086.jpg

こちらも再建した、奈良風庭園
090.jpg  092.jpg  094.jpg

途中から雨がかなり本降りになってきまして、傘をさしながらの見学となりました。
そのあと奈良市内に戻り、以前から念願だった国立奈良博物館。
あれだ、九国に比べるとやたら広い(=疲れる)。それとお土地柄、仏像の展示が多いですね(常設展も含め)。九国はアジアの文化(特に東アジア)の展示&飛鳥より前の時代がわりと多いのですが。国立博物館にもそれぞれ特徴があるのですね~。
それと奈良、東京、京都の国立博物館の外観が似ているのに対して、九国は新しいだけあって異質だよな~とあたらめて認識。

そんなわけで、当初の予定はすべてクリアした充実した旅をすることができました。

おまけ。
中宮寺の山吹

026 - コピー

明日香村のお花

040 - コピー
sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR