FC2ブログ

拍手コメント

すみません。
拍手機能をあまり認識しておらず、いまコメントに気が付きました。
メッセージをくださった方々、ありがとうございました。
スポンサーサイト



ダーウィンが来た。

扱う生物の種類によるのですが、地味に好きな番組です。
今週(ですよね)の放送はハチクマという鷹と、スズメバチの攻防だったのですが……


ひとまず今回の突込みどころは、
孤高(?)の猛禽のくせに、やたらチームワークなハチクマではなく、
番組ラストに、民家近くの林(?)に作っていた巣を壊されたスズメバチが、
民家の軒下に巣を作ってたくましく生きていました、と明るくナレーションされたことです。


ミツバチではなくて、スズメバチです。


余談ですが、実家の地下(半地下の物置)にスズメバチが巣を作ったとき、
父がなんの防護対策もなく自力で巣を取ったと聞かされ、わりと罵倒しました。
無事だったからよかったけど。
収穫(?)した巣は、しばらく座敷の床の間に飾ってありました。
そういえば、あれどうなったんだろう?

懺悔!

前回の記事で、なりゆき斎王を「はじめてのリアル世界を舞台に」と記載しておりましたが、
約一年前にこの本を出しておりました。

霧の都の恋人たち 〜貴婦人の恋は珈琲の香り〜 (コバルト文庫)霧の都の恋人たち 〜貴婦人の恋は珈琲の香り〜 (コバルト文庫)
(2013/02/01)
小田 菜摘

商品詳細を見る



19世紀末のロンドンを舞台にした、看護師ヒロインのお話です。
私、ちょっとまずいかもしれない(汗)。
雨ニモ負ケズで泣いている場合ではない。


ちなみに本日は二十年来の友人と、福岡でランチをしてきました。
生パスタとパフェがおいしいお店です。
そこでなぜか「ああ、マリラ。アイスクリームよ」と言ってもりあがりました<意味不明。

なりゆき斎王の入内

14日発売になります。
はじめての和モノ&リアル世界を舞台にしたお話になります。
なりゆき斎王の入内 ~この婚姻、陰謀なりけり~ (ビーズログ文庫)なりゆき斎王の入内 ~この婚姻、陰謀なりけり~ (ビーズログ文庫)
(2014/04/14)
小田菜摘

商品詳細を見る



このお話を書く事になった具体的ないきさつは「あとがき」にも記載してありますが、担当さんの「このあたりがっちり和モノを読んでみたいですね~」のお言葉がきっかけでした。
具体的な年数は記載しておりませんが、私の脳内イメージは平安中~末期。
藤原道長と平清盛の間(?)ぐらいの時代だと思ってください。
平安時代がお好きな方だけではなく、古代~天平時代がお好きな方にも楽しんでいただけるのでは思います。なにより、凪かすみさんのイラストが本当に素晴らしいです。

どうぞよろしくお願いします。

雨ニモマケズ

先日、旅先でMetisさんの「人間失格」を耳にしました。
以前から知っている曲だったのですが、
そのころの私は精神状態がきつくて、そのためかものすごく響いたんですね。
なんだろう、昔から好きだった中島みゆきさんの曲を聴いたときのような感覚でした。


曲ではないのですが、宮澤賢治の「雨ニモマケズ」って、大人が聞くと泣けますよね。
子供のときは「わあ、えらいな~」という感じだけなんですけど、
大人になったら、本当は「ソウイウ人」になりたいのに、なれない自分が情けなくて。
あの詩は宮沢賢治の純粋さというより、
そう慣れない人間の弱さ、
そしてそのことに気づいてしまう(たいていの人は気づかない、あるいは見ないふり)、
賢治の繊細すぎるな心を表した詩なんじゃないかと思います。


「よだかの星」とか「なめとこ山の熊」とか、普通の人間はそんなことに気が付かないですよね。
私の涙腺ポイントは、人の業や弱さに対して優しい作品のようです。
sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR