FC2ブログ

九月の予定

先日、九州在住の少女小説家さん達で集まって、お食事会としました。
詳しくは日高砂羽さんのブログにもありますが、その日は台風が直撃するとか言っていたので前日はひやひや。遠方から列車を使っていらっしゃる方もいるので。ふたを開けてみれば、大したことはなかったのですが。
色々と英気を養わせていただきました。遊んでくださった皆様、ありがとうございます。


近頃、暑くてなかなか原稿が進みません。
取り急ぎの原稿(げんこうとうって、先に元寇と出る私のPC…)は終わりましたので、焦る仕事はないからいいやと呑気にかまえていたら、九月がやけに忙しくなってきました。
中旬頃に伊勢熊野ツアーを企画していて、こちらは以前からだったのですが、
中学のころからの親友が「旅行行こう」と誘ってくれて、私の趣味丸出しの要望を受け入れてくれまして、なんと九月頭に行くことになりました、えさし藤原の郷!! &平泉中尊寺。ありがとう、持つべきものは親友だね。こんな趣味丸出しの旅に付き合ってくれてありがとう(ていうか、後悔しないのか? 親友は歴史オタでもない普通の主婦だぞ)。
そのような理由で張り切って行ってきますので、八月中に必要なことは済ませておこうと目論んでいます。
平安物に挑戦される方、お写真等アップできたらしますから楽しみにしていてね。さすがに十二単体験はしませんけど。
スポンサーサイト



昔書いた話

先日、アメトーク(甲子園スペシャル)を観ていたのですが、いやマニアはすごいね。
応援歌なんて狙い撃ちしかすぐには出てこないですよ。

そんな私はまったりとした野球ファンで、実は受賞後第一作として雑誌に掲載していただいたお話は高校野球ものでした。いまの作風からすると「え?」と思われるかもしれませんが、苦労して書いた分わりと好きな作品です。
新米の女性記者と高校の地方大会で大会史上最速を出した高校球児のお話で舞台は鹿児島という、ものすごいローカルなお話でした。あのときスマップの「世界でひとつだけの花」という曲がはやっておりまして、「世の中、どーでもいいオンリーワンが多すぎるんだよ!」なんて反発も含めて書いたような気がします(なかなか原稿のOKが出ないのでかなり不穏な心持ちだったのです、すみません)。しかし先日テレビでこの曲をあらためて聞いてみると、努力をした結果でのオンリーワンを称讃する歌なのですね。

この受賞後第一作は受賞作の次に好きな話です。

画像出ました。

暑い日々がつづきますね。
とはいっても私の住む北部九州は、現状では比較的風があって過ごしやすいのですが。
それでも、さすがに昼間の散歩はきつくなってきましたね。


さて、表題の通り。なりゆき最新刊の画像が公開されました。
凪かすみさんの素晴らしい絵は言うまでもありませんが、今回特に注目していただきたいのが明槻の袍の色です。こちらは黄丹色といって皇太子にのみ許された禁色です。今上天皇が婚礼のさい(当時は皇太子)お召しになっておられますので、興味のある方は画像を検索してみてください。皇后様の唐衣裳姿も素敵ですよ~。


新刊の作業はほとんど終わっております(まだもうひとつありますけど)。
あとはイラストを待つ状態なのですが、この時期が一番ほっとしてわくわくします。
本ができあがるのを誰よりも待っているのは、実はわたくしだと思います。
来月12日発売になっておりますので、どうぞよろしくお願いします。


なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)
なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)



コメントをくださった方、ありがとうございます。
えさし藤原の郷は大河ドラマのロケ現場に使われているようですね(サイトに書いてあります)。が、なぜか近々の平安物「平清盛」には使われていないようです(なぜだ!)

寝殿造り

平安物を書かれている作家さん、並びにこれから書く予定のある作家さんの共通の悩みかと思いますが、寝殿造りの形式って、理屈では分かっても頭に入ってこないことないですか?
読まれる方も似た違和感をお持ちかと思うのですが、図式ではどうみても廊下にしか見えない廂が居住区で、現代の感覚からするとまちがいなく室内の母屋には人を上げないって???
京都御所を観ても、外からのぞくだけではいまひとつぴんとこないのですよ。

寝殿造りをもっと間近で見られないかと思っていたのですが、ありました。

歴史公園えさし藤原の郷

日本で唯一、寝殿造りを備えているテーマ‐パークだそうです。
(たぶん海外を探してもないと思うけど……)
平安テーマパークっていうのがすごい、しかもなぜ岩手と思ったら奥州藤原氏関係からでした。


行きたい、と思うのですがさすがに岩手は気軽に行ける場所でもない。
しかし考えてみろよ、お前は奥州藤原氏好きだろう、平泉行ってみたかったんじゃないのか?
前に岩手に行ったときは遠野物語とイーハトーブだけしか浸ってこなかったじゃないか。
福岡~花巻空港直行便あるよ、などと己を説得しているのですが
7月、8月は夏休みで値段が高く、9月以降は安くなるのですがここからしばらく遠出の予定がつまり、さすがに12月に岩手に行く気にはなれず、どうしようかと悩んでいます。

身内の話

時々ブログ記事に出てまいりますが、私の(反骨)の妹はまったりとした政治家オタです。
最初に好きになったのは橋本龍太郎氏で、福田元総理には「あなたとはちがうんです」と
言われてみたいと言っています。
だから若手政治家のBL本を進めてみたら「私はリアル龍ちゃん(橋本さんのこと)
萌えであって、二次元の政治家には興味がない」と断言されました。


そんな妹のお話です。

小泉元総理が落下傘候補を全国にばらまいた選挙のとき。
私の地元も例にもれず地元の古参VS落下傘候補という対立構図になっておりました。
選挙一週間前の日曜日、妹と食事に行ったのですが、シャッター商店街(?)の中央部で、
その落下傘候補が演説をすることになったのですが、
応援演説に当時の官房長官(だったと思う)が来るとかで待ちが長い。
しかもその候補が「武部さんがもう少しできますから」と叫ぶばかりで自分はなにも演説しない。三十分その調子で、せめて自分の政策ぐらい言えばいいのにと心の中で突っ込みながら、
雨も降ってきたし帰ろうといったのですが(反骨の)妹は「武部さんが来るまで帰らない」頑固に主張。しかたなく付き合っておりましたら、ついに来ました武部さん。
(福岡空港からヘリコプターできたらしい)
彼がタクシーを降りると、どこから出てきたのか真剣な表情をしたSPの方々がばっと取り囲みました。いや、本当にドラマみたいな素早さでした。

私もびっくりしましたが、(反骨の)妹の興奮ぶりが半端なかったです。
その日のミクシにも興奮した日記が書かれておりました。
こんな(反骨の)妹は、民主党政権時代は顔を合わせるたびに民主党の悪口を言っていました。
それを(反骨の)妹の旦那に言うと「家でも毎晩言っています」と答えました。


妹がこれほど興奮したのを見たのは、
今は亡き近鉄のダブルヘッダー「10.19」の時ぐらいです。

新刊&無料配信のお知らせ

ゲラをやったり、原稿を書いたりと日々がつづいております。
先日、久しぶりに(?)に中島みゆきさんの「緑会」を観てまいりました。
ああ、懐かしいな、知っている曲ばかり歌ってくれてうれしいなと浸っておりました。


さて、新刊のお知らせです。
なりゆき斎王5巻を8月12日に出していただきます。
前回で熊野編終了にて、今回は宮中編という展開になります。
小田比で、新キャラがものすごく出てきます。
時季が1月(新暦だと2月の季節になりますが)ということで、宮中儀式がてんこ盛りです。
そういうわけで今回も校正さんが色々とご指摘くださいました。
担当さんが「今回も(校正さんのつっこみが)力作になっていますよ」と、
あらかじめ連絡をくださいました。
本当にいつもお世話になっております。

それと、なりゆき1巻が各電子書籍ストアで、期間限定で無料配信となっております。
これを機会に興味がおありの方は、ぜひ目を通してみてください。
sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR