FC2ブログ

テレビの話

先日、ダウンタウンさんが石破大臣とお話している番組が放送されてそれを観ていたのですが、
石破さんが「首相になるときは天命のようなものが働く。それに従えばいい」というようなことを言っていたのですね。すると松本さんが「トランプさんのこと、どう思います?」と訊いたので、石破さんは「政治家というものはあらゆるリスク管理に備えなければならない。彼が大統領になった場合、どうしたらいいのかを考えて対処できるようにしておくのがわれわれのできることだ」というように答えておりました。
正論で賛成なのですが(リスク管理が甘い人は、特に政治家と医療職には向かないと思うので)、たぶん松本さんは笑いを取りにいったんじゃなかったのかな、あれ(笑)。

 
書きたいお話が三つくらいあります。
平安物と西洋物と現代物。
現代物は昨年のラグビーブームのおかげでよく流れていた「HERO」という歌の「命より重い夢を抱きしめて走れよ~」という歌詞を聞いたあと、宮本輝さんの「青が散る」で、年老いたフランス人菓子職人の「人間は自分の命が一番大切だ」という台詞を思い出して、その双方を兼ね合わせたお話。自分に書ける力量があるのかどうかは分からないけど、いつか挑戦してみたいです。
スポンサーサイト



画像でました。

アマゾンさんに画像が出ました。
あの方とはサブタイトルでお分かりの方がほとんどだったと思いますが、二の宮のことです。
というわけで、表紙に二の宮が出ております。凪かすみさんの神絵はいつものことですが、明槻がちょっと気障で、塔子がやけに賢そうです。このあたりは内容と兼ね合わせてお楽しみください。

なりゆき斎王の入内 ~まばゆき胡蝶はまどはしたり~ (ビーズログ文庫)
小田 菜摘 凪 かすみ
4047340332



先日、日高砂羽さんと福岡市博物館でお会いしました。
アール・ヌーヴォー展が開催されておりまして、素敵なガラス細工の製品がいっぱい展示されておりました。個人的には色彩や配色が若干好みと違っていたのですが、この時代の欧州ではこういう感じが流行ったんだろうな~と興味深く眺めておりました。ちなみに今回、これまでで最長なぐらいに喋り倒しました。いやネタには事欠かないのですよ(笑)。


それぞれ意見はあると思いますが、私は作家同士で交流を持つことで、色々と英気を養ったりストレスを解消できて、よい精神状態で執筆に臨むことができております。プロ野球の選手であれば、レギュラー争いということでライバルになりますが、作家の場合はAさんが売れなくなったからBさんが売れるというものではありません。なにしろ読者さんはそんなに甘くありません。月に二冊本が買えるお財布事情だとしても、その月に発売される本が面白くなかったら一冊も買ってくれません。でも三冊面白い本が出ていたら、無理してでも三冊全部買ってくださるものだろうと私は思っております。

というわけで、これからも買っていただける本が書けるように頑張りますのでよろしくお願いします。

京都に行ってきました。

平安京より平城京が好き! 本当の古都は奈良(京都の方、すみません)だと豪語しているくせに、ここ数年毎年行っています。
プライドのかけらもないとはまさにこのこと(汗…)。
しかしその理屈で言えば近江も古都にするべきだろうと、小一時間…。


それはともかく、お友達作家さん達ともお会いし、いろいろなところを観てまわって本当に楽しい旅でした。さすがにこれだけ行っていると、廻り方も心得たのか、これまでの旅の中で一番いろいろなところを観て歩きましたよ。市バス&京都バスの一日乗車券もがっつり元を取りましたよ(得意!)。

今回は六波羅蜜寺に行って、有名な平清盛の像を観てきました。像を観てあまりに興奮していたので、たぶん係りの方は少々ドンびいていたと思います。ああ、やはり私は平家が大好きだなあと思いました。

そのあと悪い縁を切るということで有名な寺社に行ったのですが、その絵馬が怖かったです。
内容については詳しく触れませんが、これは祈願というより呪詛だろうという文面で……しかもそれが一つや二つではなかったのですよ。善悪はこちらにおいて、自分の住所氏名までがっつり書いている人が結構いましたね。覚悟の上なのかそれだけ深刻なのかは分かりませんが、なんとも複雑な光景でした。


色々と美味しいものを食べて、色々なところを回って、なにより色々とお喋りをして、英気を養いました。また来年も行けるように、今年も頑張ってお仕事をします。

なりゆき斎王、新刊発売になります。

公式にアナウンスが出ましたので。
なりゆき斎王の入内~まばゆき胡蝶はまどはしたり~が、四月十五日に発売になります。
タイトルから推測できるかと思いますが、前巻で活躍したあの方が盛大にやらかしてくれますのでお楽しみに。今回のゲストキャラはあるいは「読者が平安物に求めているものは、そんなんじゃない!」と怒られるかもしれませんが、担当さん曰く「小田さんらしい」とのことですので、どうぞご期待くださいね。ぼつぼつお知らせしてゆきます。


先日、京都に行ってまいりました。
お友達作家さんにお会いしてきて、とても楽しい時間を過ごさせていただいたのですが、詳しい話はまた後日。
ひとまず梅の写真が素晴らしく撮れたのでアップします。

006 (800x600)

007 (800x600)

008 (800x600)

こちら、自慢の写真。
椿の花がきれいな形のまま落下していて、紅梅との組み合わせが素敵でした。
白梅でも観たいな~。

010 (800x600)


洛南の城南宮にて。
先日太宰府天満宮に行ってきたのですが、梅がまだ五、六部でしょんぼり(きれいでしたが)でしたので、満喫できました。ちなみに今回の旅行ではじめて北野天満宮に行ったのですが、あちらの飛梅(?)って紅梅なんですね。

他にもいくつか写真を撮っておりますので、興味のある方はアルバムから「梅園」をご覧くださいませ。
sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR