FC2ブログ

嫁恋シリーズについて

ご無沙汰しております。
原稿を上げて、先日のブログに記載した博物館消化(?)に勤しんだ週間でした。
伊都国の博物館の「一支国」の講演会面白かったです。
魏志倭人伝のシリーズ企画(?)で、二年前が「対馬国」だったらしいので(知らなかった)、二年後にはわが町「末盧国」かと期待しております。
今週もまたいくつか消化する予定です。


先日、担当さんに「嫁恋シリーズの時系列の順番がとっさに分からなかった」とお話して大爆笑されました(ちなみに嫁恋のときの担当さんです)。その反省もこめてもう一度ぱらぱらと読み直しているのですが、全般的に女→男「下方婚」が多いシリーズだなと、あらためて思いました。ブラーナ帝国の皇女達を主役にしているので、どうしても女性の身分が高くなるのですが、大体以下のパターンに分けられるみたいです。

A 男女がほぼ同等(数字は巻数)
  ①黄金の都のエイレーネ
  ⓺黄土のアンナマリア
B 女が上だけど、男もまあそこそこ。
  ④⑤ 緑の姫シリーズのエリスセレナ
  ⑨   受け継ぐ姫~のエウノミア
C 男のほうが上(ブラーナが落ちぶれているので、国のパワーバランス的に)
  ② 白銀のアグライア
  ⑫ 想い~のリュビア
D Cの逆パターン(男が伝統国の王だけど、国は被宗主国)
  ③ 紅のユスティニア
  ⑧ 青のプシュケ
E 女が圧倒的に上。男はほとんど賎民
  ⑦⑨ 興す姫~のイリアティーヌ
  ⑬   薔薇の想い~のアンティクレア

Eパターンでも⑦⑨のシリウスは、戦争捕虜→奴隷のパターンで、実は生まれや育ち自体はそこまで悪くはないのですが、⑬のルキウスは娼婦の子供で門前にいたという設定なので、いまにして思えばよく担当さんの許可が出たものだと。というか彼の設定にかんしては、私が2巻あたりでそのことを早々と断定してしまっていたので動かせなかったという事情もあったのですがね。

嫁恋シリーズ終了から七年経ってあらためて読んでみたのですが、やっぱり当時と同じでお気に入りの女性キャラは断トツでエリスセレナ。男性はやっぱりナティールとイシュトファルでした(次がシリウスかな?)。


七年経っても好みって変わらないものですね。

  

  




スポンサーサイト



多忙スケジュール

こんにちは。
明日から十月だというのに、私の住んでいる地区では蒸し暑い日々が続いています。

行きたい博物館が多くて、ちょっと自分でも混乱しかけているので備忘録代わりに記録しておきますね。遠くは東京、間近は佐賀県内です。

①吉野ヶ里歴史公園
よみがえる邪馬台国

②伊都国歴史博物館
一支国

③九州国立博物館
三国志
フランス絵画の精華

④福岡市博物館
国芳から芳年へ

⑤福岡市科学館
マンモス展

⑥東京国立博物館
正倉院の世界
出雲と大和

⑦国立西洋美術館
ハプスブルグ展

⑧佐賀県立美術館
超写実展

あと、千葉県にある国立歴史民俗博物館に行ってみたいので、
トーハクを成田経由で行くことにいたしました。LCCを利用すると、東京まで京成スカイライナーを使ってもかなり安いです。
っーても国立歴史民俗博物館によるのなら、スカイライナーは使えないのですけどね。

とりあえず10月のうちに①②⑧は制覇しておこうと思います。
正倉院&ハプスブルグはホテル&飛行機予約済です。
sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR