FC2ブログ

海難1890

本日、観てまいりました、海難1890
企画が公表になった段階から、絶対観たいと思っていたのですが、正直内容はそこまで期待していませんでした。というのも串本町(というか大島?)とテヘランというちがう時代のエピソードをひとつの映画でやるのは、内容が散漫になるのは避けられないな~と考えたからです。
ちなみにエルトゥールル号の事件を知った時は、ノルマントン号事件を思い出してあまりのちがいに正直鼻白んだものですわ(もちろんノルマントン号のほうにね)。

そんなこんなで鑑賞。
まず冒頭の衝撃として、エルドアン大統領から日本の皆様にメッセージが流れましたよ。
両国の友好が深まることを望む、とか言っていたので「ありがとう、あなたもロシアと仲良くしてね」突っ込みつつ。
内容は端的に言うとよかったです。2時間半に近い映画ですが、一度も飽きませんでしたし、もちろん助長に感じることもなく。テヘランのほうをさくっと終わらせたのがよかったのかな。
それでもだいぶんカットしているのだと思います。日本人医師二人が過去になになあったような感じでしたが、そのあたりが台詞で意味深に触れられているだけだったので。完全版とかあったら3時間に近いのかも。難しいことを考えないで、単純にいい人たちの映画と考えて観るといいかなと思います。

あ、オスマントルコの船がブルーモスクに見送られ(?)て、ボスポラス海峡を出港する場面は、素晴らしかったです(いや、そのあとタイタニック並みの大惨事を迎えると分かっているから悲しかったけど)。個人的にはあの場面だけで観たかいがありました。それと「日の昇る国と月の昇る国」という言葉がとても気に入りました。他にトルコ側の描写に、女性や子供を守ろうとする本来のイスラムの人達の思考が垣間見えてよかったです。
あと(たぶん)大島の(たぶん)海金剛、あいかわらずすごい迫力だな~~。ぼっちの熊野旅のときに行ったのですが、そのときはまだ橋がかかっておりませんでしたよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR