FC2ブログ

シネマ歌舞伎 阿弖流為

御無沙汰しております。原稿が進んではいるのですが、どうにもしっくりこなくてブログが滞っておりました。気分転換というわけではありませんが、どうしようかなと悩んでいた映画を観に行くことにしました。

阿弖流為

歌舞伎は前に「俊寛」を観たことがあるのですが、古典すぎてよく分からなかったのですよ。
あと映画館が福岡市内のど真ん中で行ったことがない場所だったので。
でも映像を観たらすごく面白そうな感じで、かつ阿弖流為と坂上田村麻呂という、日本史上(個人的)最大の萌えバディが題材なので行くことにしました。

映画館はここです。
昔からある映画館で名前は聞いたことがあったのですが、はじめて足を伸ばしました。いや、この映画館がある中洲という場所が九州一の歓楽街で、夜遊び&飲酒をしない私には縁がない場所だったので。


いや、この映画館すごいです。ザ・シネマ劇場という感じで。モダンでレトロ。内装を観るだけでも楽しいんじゃないかな。チャップリンの看板とか立っているし。


そして映画ですが、面白かったです!!!
迫力と勢い、圧倒的な映像美(主役二人が甲乙つけがたい美男子で)。そして予想外(失礼)に凝った物語。シリアスな話でも定期的に笑いを誘う運びで、三時間以上の作品をあっという間に観終わりました。ヤマト政権の全国制覇(?)国つ神と天つ神、仏教と神道の攻防のようなものも匂わせて、古代史好きにはたまらん物語でしたね。


上映期間が短いことが残念ですが、このあとも面白そうな演目が上演されるようなのでまた観に行ってみたいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR