FC2ブログ

シン・ゴジラ観てきました。

ここのブログや作品のあとがき(あるいは作品)を読んでもらえれば分かるかもしれませんが、私は猛獣や怪獣、恐竜や奇妙な生き物が大好きです。いや飼いたいわけではなく(そもそも怪獣と恐竜は無理)、愛でるのが好きなわけで、現在福岡で開催されているこの二つの企画展(福岡市立美術館福岡市博物館)にはぜひ行きたいと思っています。大アマゾン展に関してその魅力を「ヘラクレス大カブトが観られるのよ!」と力説しましたが、理解してくれる同性の友人は一人もいませんでした。

そのような趣味から、シンゴジラは公開を知ったとき「絶対に観に行く!」と決めておりました。
評判がえらくよかったので期待していきましたが、いやあ確かに面白かったです。
あらすじしか知らないのですが、初代ゴジラに対するリスペクト作品だなあと。
最初のうちは三谷監督のドラマのようにコミカルなやりとりが愉快だったのですが、だんだん洒落にならない展開に。
もうゴジラが東京の街を焼く場面は、BGM効果もあって本気で胸が痛くなりました。
吐いているものが吐いているものだったので、ネットの感想を観ると3・11を連想した方が多かったようなのですが、私は1・17を思い出してしまいました。あの地震のときの、容赦なく町を焼き尽くす炎というのが記憶にはっきり残っているので。
あと映画「砂の器」の「宿命」の伴奏シーン。音楽が美しすぎて、場面の悲惨さが際立つ……。


仕事ができる人もできない人も、一生懸命頑張っているところがよかったな~。
ラストのフランス大使のシーンなんて、思わず「やられた!」と思ってしまいました。
あと自衛隊の他、消防隊、警察の人達の勤勉さが素晴らしい。家族や愛する者のためじゃなくて、日本を守るために仕事をする日本人という感じが好きでした。
難しいことは考えなくても、素直に楽しめる映画ですよ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR