FC2ブログ

長崎旅行記2

長崎は出張と旅行で来たことがあったのですが、出島は小学校の修学旅行以来でした。
六畳位の大きさの模型しか記憶になくて、今回ン十年ぶりに訪れてみてびっくり。あれは小規模のテーマパークですよ。ちなみに私が小学生のときに観た模型もひっそりと残っておりました。伊勢の斎宮博物館にもあんな感じの模型があったよな~~。
それからランチをいただいて、大浦天主堂→グラバー園。こちらも小学校以来です。翌日の新聞で知ったのですが、この日の大浦天主堂はローマ法王庁からの、価値ある建築物としての認定式にようなものが執り行われていたようです。私達が訪ねたのはそのあとのようでした。

大浦天主堂はナチスドイツによって虐殺されたコルベ神父縁の教会です。
私は信仰ゆえの強さというのがあまりしっくりこないほうで、三浦綾子氏の「羊が丘」や「塩狩峠」を読んでもなんとなくもやっとしたものが残るような人間ではあります。でもこの方の行いの根源に信仰があったとしたら、宗教ってなんてすごいものなんだろうと素直に認めたくなってしまいます。
コルベ神父に命を救われた青年将校がそのあとずっと罪の意識に苦しんできて、対して当時のローマ法王(ヨハネ・パウロ2世?)が「苦しまなくていい」と言ってさしあげたという記事を資料館に残っていて、なんだかすごく泣けてしまいました。

そのあとグラバー園を回って、気が付いたら五時近い。美術館は八時まで開いているとはいえ、なんだこの時間の流れの速さはと驚愕しました。そのあとお茶を飲んでから、六時過ぎに美術館に。本当に素晴らしくて、見ごたえのある展示でした。
古代ローマも少し入っておりましたよ。

美術館を出たときはかなり雨が本降りになっておりましたが、市の中心部に連れていっていただき、大変に美味な和食をいただきました。本当に楽しくて充実した一日でございました。
日高さん、お付き合いどうもありがとうございました。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR