FC2ブログ

くすり博物館つづき

昨日の記事で少し触れたのですが、博物館にはいろいろな生薬の説明&展示がしてありました。
生薬とは自然由来の薬ということですが、よくまあ世の中の商品のプレゼンに「自然由来のものだから安心」というのがあるじゃないですか。あれを聞くたびに「トリカブトも蛇毒も自然由来だけどな~」と突っ込みたくなります。ちなみにトリカブトは東洋医学では重要な生薬です。

それはともかく、中医の生薬は神農という伝説上の皇帝が自ら口に運んで確かめたものと言われております。そうなんでしょうけど、なぜこれ試そうと思った? という生薬がけっこうあったので紹介します。


馬&牛の結石→まあ、分かる。
アジアヒキガエルの平腺から分泌される乳液→すでにどんなものなのか想像がつかない。
蚕の幼虫が白殭病で硬直死したもの→ピンポイントすぎる。


ほかにもゴキブリとか虫のフンとかびっくりするようなものも多かったです。
ちなみに私は薬と食べ物は別だと考えているので、病気を治すための効果が立証されているのならなんでも飲みます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR