FC2ブログ

最近読んだ本と、少し前に読んだ本。

昨日紹介させていただいた「夢も定かに」の作者さんの本で、こちらをつづけて読みました。

泣くな道真 大宰府の詩 (集英社文庫)
澤田 瞳子
4087452050


太宰府に流された道真が都では分からなかったさまざまな経験をして、しんどいなりに自分の役割や生きがいを見つけてゆくお話です。大宰府政庁の人達が、みな味があっていいです。太宰府好きの私も実はこんな妄想をして、道真では無理だけどモデルにしてこんなお話を書いてみたいなと思っていたので、なんというか「やった~(嬉)」という気持ちでした。



それで、ふと半年ぐらい前に読んだこちらを思い出しました。
時平の桜、菅公の梅 (中公文庫)
奥山 景布子
4122059224


こちらは道真を大宰府に追いやった時平が主役で、終始彼の視点で話が進みます。
この話では時平、一の人ながら完全に中間管理職です。そして道真が大好きです。大好きなんだけど、追放せざるを得ない展開になってしまって、最後の雷にむかって叫ぶシーンは彼のやるせなさが伝わって胸に染み入ります。まあ現代的な意味でゲスいこともしておりますが、それは平安時代ということでご容赦(でも身内のアレだからなあ…)。
天才過ぎて凡人の苦しみが理解できないことで周りから孤立してゆく道真を、やきもきした思いでなんとか周りと協調させようとしますが…というキャラクター付けになっております。

お二人とも知識が豊富で、その時代の感覚が読んでいてすごく伝わってきますよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR