FC2ブログ

今日読んだ本

タイトルの通り、今日半日で一気に読んでしまいました。


望みしは何ぞ―王朝・優雅なる野望 (中公文庫)
永井 路子
4122033926


以前、ブログで書いた藤原能信が主役のお話です。
作者の永井路子先生は歴史小説の大家ですが、私はちょっと相性が悪くて二、三冊しか読んでいなかったのですよね。というのも高校生の時に読んだ「歴史を騒がせた女達」で二位の尼・時子の入水を潔いと称讃していたからですね。私はこの件にかんして「いや、安徳天皇は道連れにしたのは大人のエゴだから」と常々思っていたので、大変にもやっとしたわけです。

なのですが主役が能信と知って、読まねばとページをひらきました。
いや、むちゃくちゃ面白かったです。
主人公能信も大変魅力的なのですが、なんといっても禎子内親王がかっこよすぎ!!!!
不幸の種を背負って生まれた彼女の強いこと、強いこと。もう、まさしく理想の女性。
禎子様を見守る能信の目が優しいのですよ。不遇の立場ゆえに栄光から外れた人の気持ちがわかるという感じがすごく好きです。彼女の息子・尊仁(後三条天皇)と茂子の小さな恋のメロディーも可愛いし、小一条院の東宮辞退の件も「ああ、分かるわ」といった感じで、これなら「納得したんだね」といった感じで受け止められました。


あまりに興奮しすぎてなんだかよく分からない文章になりましたが、この時代に興味のある方はぜひぜひ読んでみてください。




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR