FC2ブログ

「にわか姫松の宮中事情」について。

八月になりましたので、触れられる範囲で少し。
今回の新刊はお盆日程で、なんと10日発売となっておりますのでお間違えなく。

今回のヒロインは、検非違使庁の判官(三等官)という設定なので冒頭では庶民の服装をしております。平安時代って皇族や貴族の資料は豊富なのですが、中級以下の人達の暮らしって少ないんですよね。ついでに言うと食べ物の資料もほとんどないし、あっても現代感覚ではとても美味しそうに思えないので描写が楽しくない(余談ですが私はイギリスの食事がなにを見ても美味しそうには思えず、以前にヴィクトリアンものを書いたときは、古代ローマ風の世界観で書いた嫁恋シリーズ9より食べ物の描写には苦労しました)。

そんなわけで、今回のお話は第一章はまるっと平安京の七条付近になっております。それ以降は御所内になっておりますが、新鮮で楽しかったです。あとヒロインが姫大夫という下臈(下級の女房)なので、女房達のやりとりが女子高のようでこちらも大変に楽しかったです。
もう少しで発売ですので、どうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR