FC2ブログ

壱岐日帰り旅

絶賛原稿中の身の上でありながら、どうにも詰まってしまって現実逃避のために壱岐に行ってきました。
私の住んでいる地区から、フェリーで1時間45分です。
港は車で15分ぐらいの場所にあるのですが、実はこれがはじめての壱岐旅です。

エメラルド唐津号は350人乗りの立派な船で、船内はトイレも含めてとてもきれいでした。ちなみに運賃は2100円(安っ!)
予約は必要ありません。
実は前の日までけっこうどうしようか悩んでいたのですが、たまたま当日早起きしたので、

「よし、壱岐に行こう」

みたいなのりで決めました。

船のきれいさに感動しつつ、出発進行!

CIMG0717.jpg  CIMG0719.jpg

ちなみに右側の写真に見えるのは、宝当神社で有名な高島(たぶん)です。
甲板をのぼったり下りたりしてすっごくはしゃいでいた私なのですが、やはり原稿を無視するという暴挙を犯した作家を天は見過ごしませんでした。天気晴朗なれど波高し。そうです。私がっちり船酔いをしてしまいました。百分程の間に四回嘔吐しました。
誤解ないように申しますと、船は普通に快適だったのですが海がしけっていたんですよ。
実際湾に入ると波が穏やかになるので、気分は落ちつきました。

そんなこんなで、定刻通りに壱岐の印通寺港に到着いたしました。

CIMG0728.jpg

ちなみにこれは到着時ではなく、帰りの乗船前に撮りました。
船は私が乗ってきたエメラルド唐津号です。
下船直後は船酔いで、写真撮る余裕もなかったので。



長くなるので分けますね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR