FC2ブログ

故宮博物院

少し前のことになりますが、お友達作家の日高砂羽さんと、九州国立博物館の故宮博物院に行ってまいりました。
十一時に博物館内のレストランで待ち合わせをしたのですが、十五分前に到着したところ
「ただいま、駐車場一時間待ち」という表示が。
日高さんに遅れる旨を連絡し、太宰府天満宮のほうに戻ってそちらの駐車場に停めて、遊歩道から博物館に。
実は日高さんは渋滞情報を先に仕入れて、最初から天満宮の駐車場のほうに停めて、
予定時間前に到着されておりました。
お待たせしてしまって、本当にごめんなさい。

ご飯を食べてから、入場待ちの列に。20分ほど待ちながら、中に入ることができました。
しかも中はものすごい人で、ガラスケースの前にも行列が。
立ち止まらないで進んでください、と、係の人があちこちから叫んでおられました。
これまで何度かこの博物館に来たことはあるのですが、こんなことははじめてでした。
ちなみに日高さんは、阿修羅像が来たとき、これ以上の渋滞&行列を経験されたそうです。
博物館の展示って、普通おしゃべりをすると係の人?)が注意をするものなのですが、
ものすごい喧噪で、もはや誰も注意しません(笑)。

ご承知の通り、日高さんは中国史に詳しく、いろいろと教えていただきながら素晴らしい展示物を鑑賞させていただきました。
博物館を出てから、いつもの通り大宰府天満宮に。
それから門前通りを通って、梅が枝餅のセットをいただきながらひたすらおしゃべり。
門前通りの茶屋であんなに長話をする客って珍しいだろうな(汗)。
実は私、大宰府という街が大好きでして、フットワークが軽い若い頃はなにもなくてもぶらりと遊びに来ていました。
今回はあのときはなかったスターバックスができていて、びっくり。
おしゃべりが長くなりそうなときは、こっちのほうがいいかもしれないですね。

いつも思うのですが、歴史や小説等のコア&萌えの話を心置きなくできる作家仲間さんとの時間は至福のときですね。
日高さん、いつもありがとうございます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR