FC2ブログ

NHK番組・歴史秘話ヒストリア

本日がハロウィンだったんですね。
私、漠然と10月末から11月頭の一週間くらいをいうのかと思っていました(汗)。
いいや、五穀豊穣は新嘗祭にお祈りしますから(笑)。

本題。
多分この番組、これまで二回位しか見ていないんですよね。
水曜日の22時という、若干中途半端な期日のせいもあるのかもしれませんが。
10月29日は遠野物語でした。
熊野熱が下がった頃、なぜか次の興味が遠野に行きまして(われながらふり幅が大きいな)、
一時期ちょっと調べていました。
にしても帝大卒エリート役人であった柳田國男がどうしてそんなものを記したのかと
思っていたのですが(しかも兵庫県出身だし)、
この番組によると、愛する女性を亡くしたことが遠因だったようですね。
人が死んだらどうなるかという疑問を突きつめると、宗教に行きつく人が多いと思うんですけど、
いや、遠野物語に行きますか。


久しぶりにこの本、引っ張り出して読んでみました。


「遠野物語」を歩く―民話の舞台と背景 (講談社カルチャーブックス)「遠野物語」を歩く―民話の舞台と背景 (講談社カルチャーブックス)
(1992/02)
菊池 照雄、富田 文雄 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR