FC2ブログ

曖昧な記憶の映画。

先日、アメリカ人の方に「silenceが映画になるんだってね」と訊かれ首を傾げていたら、
遠藤周作氏の「沈黙」のことでした。
高校生のとき他校の生徒達と一冊の本について討論をするという企画がございまして、
そのときの課題図書(?)がこの本だったんですよね。
同氏の「深い河」と「沈黙」は個人的に名作だな~と思っています。
「海と毒薬」ははっきりと覚えていないんだけど、恩師の蝶の標本を壊した場面に、
他人の心の痛みを共感する能力の致命的な欠落というものを感じました。
高校生のときはなんだか分からなかったけど。


私、この作品のドラマか映画をテレビで観た記憶がありまして、
調べてみたら1971年に映画化されているのですね。
ですが私が観た映像はそんな古いものではなかったように記憶しておりまして、
いまだあれはなんだったのかよく分からないでいます。


曖昧記憶の映画でもうひとつ。
以前友人から聞いた話なのですが、ずいぶん昔にテレビで映画を観ていたそうです。
古代ローマっぽい時代で妙な帝王がいて、
猛獣の檻に落とされたりする場面があったらしくて、
それだけを聞いたら「クオ・ヴァディス」かなと思ったのですが。
彼女がその映画で一番印象に残った場面を話してくれました。
結婚式をあげた直後の夫婦の寝室に皇帝(?)らしき者が入ってきて
新婦を手籠めにする場面があったのだそうです。
まあ古代ローマの愚帝であれば珍しくない展開なのですが、
そのあと皇帝はなんと新郎のほうまで手籠めにしたらしいのです。

いまだになんの映画なのか分かりません。
ときどき気になってしかたがありません。
もし古代ローマだったら、皇帝はネロかカリギュラだろうと思うのですが。
ちなみにカリギュラを主人公にした映画はありますが、46億円をかけたポルノ映画で
こんなものはゴールデンタイムには流さないと思うのでちがうかと。

追加
と思っていたのですが、Wikを調べたら「カリギュラ」みたいですね。
友人に確認したら深夜放送の専門チャンネルだったと思うとのことです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR