FC2ブログ

室町将軍展

暑い日が続きますね。
先日、日高砂羽さんともう一人のお友達作家さんと九州国立博物館で開催されている室町将軍に行ってまいりました。
東京のお友達ですが、この展示会がキューハクオンリーということで来福、合流という形になりました。
博物館に行く前に太宰府の周辺をご案内したのですが、やっぱり暑い。あんなに汗だくになったのは何年ぶりだろうと思うくらいに汗をかきました。この日は太宰府天満宮で神事が執り行われていたのですが、神職および巫女の方々の衣装が本当に暑そうでお気の毒でした。

いっぽう展示会はものすごく見ごたえがありました。
江戸幕府の長さが強調されているけど、考えてみれば藤原摂関、鎌倉執権、室町幕府も時代だけは負けず劣らず長いんですよね、実は。
まあ特に室町は、義満の時代以外はなにかしら争乱が起きているイメージなのですが。
尊氏や義満のような有名な将軍だけではなく、各将軍にそれぞれスポットを当てている展示内容でした。展示品も多く、特に最後の歴代将軍像は圧巻でした。
尊氏の優し気な表情と、義満のカリスマっぽい表情が特徴を表しているなあと感じました。
機会があればもう一度足を運ぶつもりです。

新刊発売のお知らせ。

公式のほうでツイートされていますが、平安あや解き草紙の第二巻が八月二十一日に発売となります。
思いがけず早い形で刊行ができて、自分でも驚いております。詳細はおいおいお伝えしますが、今回も連作短編ですのでさらっとお読みいただければと思います。


ヒロイン伊子に少し関係してくるのですが――。
この間行った整骨院のセラピストの方が、イケメンでものすごい好青年だったのですよ。
高齢の女にはまぶしすぎて、正視できない。
キャバクラやホストクラブに通う年配の方って、けっこうメンタル強いんじゃないかと考えてしましました。

なにが言いたいのかと申しますと、
普通に話すだけでもこれなのだから、十六歳の下の相手から求婚されるってやっぱりきついんだなと想像した次第です。

島と半島と大陸と。

ご無沙汰してしましました。
私の住んでいる地域は、いまのところ雨は大丈夫です。

成田空港を利用して行きたい場所があるので、アクセスを調べておりましたら、リムジンバスのサイトに「九州島内」という表現を見つけました。確かに間違ってはいないけど、国内サイトでこんな表記初めて見ましたよ。ちなみに北部九州に熊本と大分を入れるという、九州の人間からすると(?)という分類もありました(熊本は南九州にも入っていましたけど)。

この間、世界地図を眺めながら、どれが大陸で、どれが島で、どれが半島かとかを言いあっていたんですよね。
私の電子辞書ではオーストラリアは世界で最小の大陸となっているのですが、国によっては最大の島に分類されるみたいです。
日本、イギリス、ニュージーランドはもちろん島です。
朝鮮、インド、アラビアは半島で、アフリカは大陸。

そうやって考えたら日本って、大きな四つの島と小さな島々(沖縄を含む)で構成されている国なんですね。




「お師匠さまは、天神様」発売中です。

発売日から数日過ぎての告知ですみません。
木、金と出かけていた上に、日曜日まで出かけていたので更新する時間が取れませんでした。

もちろんいつもできるだけ多くの方に読んでいただきたいなと思っているのですが、
この本は西日本、特に九州地方の方に読んでいただきたいです。
とはいえ九州では、三日遅れの月曜日入荷でした(西日本豪雨以降、九州は本の入荷が遅れているのです)。
表題の太宰府だけではなく、私の住んでいる唐津市と北九州市も出てきますので、興味のある方はぜひぜひお手にとってみてくださいね。

どうぞよろしくお願いします。


旅行計画

表題とはちがいますが、本日「お師匠様~」の見本本をいただきました。
庭春樹さんの扉絵がとても美しくて素敵です。
皆様、ぜひぜひでお手にとってくださいませ。


少し前に書いた逆魏志倭人伝の旅行計画ですが、これがなかなか大変だということを痛感。
というのも、円形の壱岐とちがって長方形(?)の対馬は港間の距離が離れているのですね。
対馬の港は厳原港と比田勝港とふたつあるのですが、唐津→壱岐を経由して行くと厳原港にしか着かないのです。厳原港からも一応釜山行の船は出ているのですが、韓国の会社なので予約サイトがすべてハングル(汗)。
英語ならなんとかなるけど、ハングルは手も足も出ません。
時刻表すら見られない状況です。


比田勝港には博多港から釜山行の船が経由していて、こちらはJR九州経営なので予約もばっちりなのですが、私は釜山に行きたいわけではなく、唐津→壱岐→対馬→釜山の船旅をしたいんですよ。
厳原港→比田勝港を移動するという手も考えましたが、車で二時間弱。
しかもレンタカーは乗り捨てができないから、どのみちダメ。
公共交通は本数が少ない上に二時間くらいかかるようなのでこれも無理。

しかし色々とネットで見ていると、厳原港に地味に釜山からの客は来ているようなのですね。
日本人で厳原港を使って韓国に行く人がほとんどいないようなので、日本語の案内が充実していないという。

これは一度対馬に行って時刻表や予約の仕方を確認するしかないかと目論んでいます。
博多港から乗れば、すぐなのにね。
ふと自分が馬鹿なんじゃないかと思う時がありますよ(笑)。




sidetitleプロフィールsidetitle

小田菜摘

Author:小田菜摘
コバルト文庫、ビーズログ文庫で少女小説を書かせていただいております。
連絡はメールフォーム、あるいは以下よりお願いいたします。
​ fn​aok​i99​★ya​hoo​.co​.jp​
​(★を@に変更してください)

なおご返信が必要なメールで、一週間しても返事がない場合は、お手数ですがもう一度送信していただくか、あるいはコメント欄をお使いください。

コメントは承認制になっております。公開されたくない方は、コメント時にその旨をお知らせください。

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

sidetitleいらっしゃいませsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR